I hope someday...


27年ギターを弾いてきた。楽しいことも辛いことも沢山ありました。目を閉じて回想すれば腹を抱えて笑うこともあれば、忘れられない奥歯を噛み締める思い。トータルすると辛い時のほうが多いきがする。いや、気がするのではなく、音楽的にも金銭的にも辛いことが多い。何がそれをカバーしてきたか?それは「夢」であろうか。その夢と言う希望は願望である。成し遂げなければそこへ行けない世界。
40歳を過ぎる頃から、いや、実はもっと前から気がついている事。それは今後何が起きるかわからないけれど起きる確率は限りなく零に近いということだ。
現状維持も難しいがその先に行くことは努力だけでは得れないタイミングもある。
Q「努力はしていますか?」A「時々だけどしている」ではダメなんだ。
私が偉そうにここに書けることではない、私だって100%ギターや音楽に集中している毎日ではない。でも、努力だけが全てではない。才能や運もあるだろう。
私はギターを弾いて歌い生計を立てています。
ギャラ無し、 お昼ごはん代にも満たない事も多々あります。

聴きに来てくれたお客さんを笑顔にする事が私の使命です。
いつもありがたく演奏をさせて頂いております。

色々と書いてしまいました。売れないミュージシャンのよくある話ですね...
最近は使用しない楽器も整理している..

そう。引き際が肝心かもしれません。

私は限界を感じています。

ありがとうございました。

2015.03.06 
Tetsuhiko"Spider"Chida

Comments

Popular posts from this blog

2017 Spider & Bus

Spider Tetsu Model Pickups 発売決定