Posts

Showing posts from June, 2015

蜘蛛の耳に○○

Image
人は頭と心が別なのか
影では、人のふしあわせを「ここだけの話」と題し
自分が1番初めにきいたかのように世に広げ
しあわせな話は皮肉を添えて話す 
放ったら気が晴れるのだろうか 次は誰に話すのだろうか
頭と心が別なのだろう
私はそれらの話に全く興味がありませんし 世に広げる事もありません
私は、自身のアンテナ触角を 時には強波、時には狂弱波を送受信しながら進んでいます
だからけっこうです
野生の勘だけでいい

Birthday

Image
06/16 Spider's Birthday Jam  Live house 獅子王 沢山のご参加ありがとうございました。 そして、沢山のプレゼントもありがとうございます。
来月は07/07七夕開催です。 よろしくお願いします。





先日から体調日光手前。 昨夜も今日も夕方からダウン… 頭痛... 四十肩からくる首… 睡眠不足…  老眼… おいおい!老いか?
みなさまはお元気で。
おやすみなさい。

VW BUS SUMMER TOUR 3 DAYS

Image
VW BUS SUMMER TOUR 3 DAYS

06/12この日からVW BUSツアーのスタート。朝から楽器や、3日分の衣類・食料・水などを積み込む。今回はカーバッテリーを利用し自作したAC電源設備と暑さ対策のサーキュレーターこれで 、停車中の車内でも快適に過ごせるだろう。さぁ!出発だ!
※VW BUSにはエアコンはありませんが窓が沢山あるので走っていれば快適ですが、停車時は…(暑) ※高速道路のサービスエリア等で仮眠する際も、最近はアイドリングしたままの車が多いので窓を開けているとエンジン音がうるさくて困る場合があります。
06/12(金) 渋谷 Wested Time 那須寛史/SOU/窪田晴男/Spider Tetsu http://www.wastedtime.jp/
1日目は渋谷にあるWested Time。ここではAlone Spiderで毎月出演させて頂いています。 久しぶりにお会いした窪田晴男さん。SOUさん。那須寛史さん。皆さん素晴らしい演奏でした。私も楽しい時間を過ごすことが出来ました。実は出発前から首を寝違えたようで..リハーサル後から湿布を貼り、痛み止めを飲んで本番までBusで休んでいました。体調不良で那須さんの演奏が聴けなかったのが残念でした。
終演後、今夜の宿へ向かいました。この頃首の痛みはマックス..はやく横になりたいなぁ。 渋谷から首都高速→東名高速道路を走りあっという間に海老名サービスエリア。

お腹も空いたので、今夜はここで牛皿とライトビール。

Zzz。

渋茅八

Image
渋谷・茅ヶ崎・八王子3連チャンライブのお知らせです。 皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。
■06/12(金) 渋谷 Wested Time 那須寛史/SOU/窪田晴男/Spider Tetsu 前2,500円 当日3,000円 19:30〜  渋谷区宇田川町 31-3 第3田中ビルB1F  TEL : 03-3461-8383 http://www.wastedtime.jp/
■06/13(土) 茅ヶ崎 LUSH LIFE Alone Spider 投げ銭LIVE 20:00〜 神奈川県 茅ケ崎市 幸町22-26  TEL : 0467-59-3917 http://i7523.wix.com/lush-life
■06/14(日) 八王子 Butcher  Spider & redipS Trio + 1 投げ銭Live 19:00〜 Tetsuhiko "spider" Chida (GV) Yoichi Kaneda (B) Sachi Nakasaki (D) Kenji Ise(Sax) 東京都八王子市中町3-2  TEL : 042-649-5693 http://butcher.y2records.com/

ボー

Image
あれは確か2000年頃。私はシカゴに住んでいました。 ブルースが好きでシカゴに行ったことがある人ならお馴染みの "Tokyo Hotel"。懐かしいなぁ。エレベーターボーイ(ジジイだけど)。あっ、その頃私はOtis Rushさんと交流がありライブでギターを弾かせていただいたり、ビリヤードをしたり、彼の家に遊びに行ったりさせてい頂いておりました。
あるライブ終了時にOtisの奥様が私に「来週。ホームレスの人たちを支援するライブがあるんだけれどテツさんも行く?向かいに行くよ!」と。「もちろん喜んでお伺いさせていただきます!」と。


ジリリリリーーーーン!ジリリリリーーーーン!



部屋にある電話のベルで起きた。

「Hello」

と半分不機嫌な私、、、

「おっ、お前の友人らしき人がホワイトリムジンで迎えに来ているぞ!早く下に来い!」

フロントの人が焦った声を出している。

急いで下に降りた私は唖然とした。
とてつもなく大きなホワイトリムジンがあの、19E Ohio Tokyo Hotel前に横付け。
窓から奥様とOtisが私に手を振っているではないか。
ホテルの連中も隣の中華料理のおっさんもみんな見ている。

そう。私はそのライブの日にちを間違えていて…(笑)

中に乗り込むとOtisと奥様と娘さんが乗っていた。
あまりにも突然な出来事に何処へ向かっているのかもわからなかった。

ドキドキで会場入り、楽屋に通されると有名なミュージシャンが沢山いた。
楽屋=ブルース図鑑でしたね。現役の有名な方々が….
1人私の横で普段着の方がいらして、とても気さくに話をしてくれた。彼は「ボー」と呼ばれていたので私も「ボー」と沢山話しをした。その後「ボー」との話も少なくなり。私はOtisの娘さんと会場裏を探検に出かけた。ステージ裏や会場風景。とても沢山の人がいたなぁ。探検もいい加減飽きて、楽屋に戻ると「ボー」がまた気さくに話しかけてくれた。

面白くて元気のある人だなぁ。
沢山笑ったなぁ。

彼は私に
「ちょいとごめんね。着替えてくるよ。」と、カーテン裏へ。

数分すると…

目の覚めるような真っ赤スーツに黒いハットで私の前に現れた「ボー」
四角いギターを持って私の前に現れた「ボー」

ボー

途端に固まったのを今でも覚えています。



その当時、デジカメがあればたくさんの写真が撮れたね..

閻魔様

Image
舌を抜かれるぞ。